会社概要

会社概要

会社名 RIコンサルティング株式会社
(アールアイ コンサルティング)
所在地 【コンサルティング事業部】
〒530-0001 大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル18F
【人材紹介事業部】
〒541-0053 大阪市中央区本町3-4-14 ディライト本町ビル5F
【人材紹介事業部 名古屋営業所】
〒451-0046 名古屋市西区牛島町5-5カネヒサビル2F
【人材紹介事業部 京都営業所】
〒600-8239 京都市下京区東堀川通下魚ノ棚下る鎌谷町30番地
TEL ※フォームよりお問い合わせください。
【コンサルティング事業部】
06-6131-6462
【人材紹介事業部】
06-6536-8984
代表者 稲葉 修久
事業内容 Webコンサルティング業
有料職業紹介業(許可番号:27-ユ-301923)

企業理念

それぞれの価値を組み合わせた相互作用で事業の成果に繋げる新機軸を生み出すことを目的として、RelationshipとInnovationの頭文字を合わせた「RIコンサルティング」を社名として創業しました。

めまぐるしく変化するデジタル環境の中で、デジタル関連サービスは複雑化・多様化しています。扱うサービスが増えることで企業は多くの専門業者と関わりを持たねばなりません。その結果として個々のサービスの連携が取れずに、思うように成果が実感できず大きな機会損失がうまれている事例が増えています。

企業の満足を得るためには、ビジネスモデルの全体を理解した俯瞰的視点を持ち、各サービスをより広い視点から最適化できる存在が必要です。しかしながらそれらを企業内で一から作り上げることは容易でありません。弊社は企業の先頭に立ちそれらを企業の目線で行い成果に繋げるコンサルティングを行います。RIコンサルティングは新しい挑戦をし続けてまいります。

代表プロフィール

稲葉 修久

大学卒業後、臨床検査技師免許を取得。
総合病院、製薬・治験関連会社で検査業務に従事。人材系企業に転職後に事業部長就任、社内でWebマーケティングにも携わる。
2011年に独立、翌年にRIコンサルティング株式会社を設立しウェブコンサルティング事業と人材紹介事業を行う。

ウェブコンサルティングはアクセス解析を中心として制作、集客、社内Web担当者育成まで対応。2017年度にはウェブ解析に関する講座を半年間で100回以上開催、大学や商工会議所での講義・セミナーも多数行う。
一般社団法人ウェブ解析士協会よりウェブ解析士の普及に貢献した講師として評価され、2017年度 Evangelist of Kinkiを受賞。

著書(共著)に「Googleデータスタジオによるレポート作成の教科書」(マイナビ出版)、「ウェブ解析士2018年度公式テキスト」「自社サイトをコストで終わらせない為に」がある。

様々なパートナーと連携しており、ウェブ制作(リニューアル含む)、SEO、リスティング広告運用、SNS広告運用、SNSの運用代行、求人広告運用代行、Indeed(インディード)運用代行業務(正規代理店)、情報登録代行、バナー・広告・看板制作、デジタルサイネージ動画制作等、多岐に渡る提案が可能、すべて弊社がフロントとして対応する為、企業の状況に応じた最適な施策をワンストップで実現することができる。

中小企業庁委託事業IT・ウェブマーケティング分野専門家認定
経済産業省認定IT導入支援事業者

【保有資格】
臨床検査技師
日本病院会認定 医療安全管理者
一般社団法人ウェブ解析士協会 ウェブ解析士マスター
公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会 医業経営コンサルタント
GAIQ(Google アナリティクス個人認定資格)
メンタルヘルスマネジメント検定

企業の取り組み

執筆「Googleデータスタジオによるレポート作成の教科書」(マイナビ出版)

「Googleデータスタジオによるレポート作成の教科書」(マイナビ出版)

Googleデータスタジオを活用したレポート作成の教科書の執筆に携わりました。
Googleデータスタジオは様々なデータを連携してビジュアライズできるBIツール、Google アナリティクス、AdWords、Search Console、YouTubeアナリティクスなどを連携して独自のレポートを作ることができます。

執筆 ウェブ解析士2018年度公式テキスト

産業能率大学 自由が丘キャンパス(東京)にてウェブ解析の講義を行う

吹田商工会議所にてSNS活用・ウェブ解析の講座を開催

執筆 Kindle「ヒアリングでいかに意義のある定性情報を引き出すか?」

Kindle執筆
「自社サイトをコストで終わらせない為に ウェブ解析士の事例発表集(19)」

共著で「ヒアリングでいかに意義のある定性情報を引き出すか?」を事例付きでポイントをまめてご紹介してますのでご活用ください。

新聞で講座についての記事掲載

日本流通経済新聞で弊社が取り組むウェブ解析士資格講座についての記事が掲載されました。

弊社では、資格の認定講座だけではなく、Googleアナリティクス活用やウェブマーケティングセミナー等も開催してます。
実務に自信が無い方に、実戦で活用できるウェブ力を身につけてもらう。社内だけでは教育が行き届かない企業のウェブ人材育成を支援する。

さらには、ウェブマーケティング系やエンジニアさんの就職、転職支援も行います。

SECURITY ACTION 二つ星を宣言しました

「SECURITY ACTION」は中小企業自らが、情報セキュリティ対策に取組むことを自己宣言する制度です。安全・安心なIT社会を実現するために創設されました。

情報セキュリティは経営に欠かせないものとなっています。
IT社会では、企業経営においても、IT活用による「攻め」と同時に、情報セキュリティによる「守り」が不可欠です。弊社では身近なところから情報セキュリティ対策を始めるために、弊社はSECURITY ACTIONの二つ星を宣言しました。

二つ星は、中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン付録の「5分でできる!情報セキュリティ自社診断」で自社の状況を把握したうえで、情報セキュリティポリシー(基本方針)を定め、外部に公開したことを宣言した中小企業等であることを示すロゴマークです。

RIコンサルティング株式会社 情報セキュリティポリシー(基本方針)

(独立行政法人情報処理推進機構(IPA:Information-technology Promotion Agency, Japan)IPA ウェブサイト参照)

「おもてなし認証2018 紅認証」取得

日本のサービス産業と地域の活性化のために!「おもてなし認証2018 紅認証」取得。

サービス品質を「見える化」するための規格認証制度として「おもてなし規格認証」が誕生しました。サービス品質を「見える化」し、サービス事業者の方々の支援を通じて地域経済の活性化をはかります。

【おもてなし認証とは?】おもてなし規格認証制度の創設背景…サービス産業と地域経済を盛り上げるためにうまれました。
サービス産業は今や日本のGDPの約70%を占めるとともに、地域雇用を生み、地域に住む人々の暮らしを支える経済の柱です。地域経済、ひいては日本経済の発展には、このサービス産業の活性化と生産性の向上が不可欠です。
しかし、サービスは「その場・その人」が受ける一度きりの、それ自体は「目に見えない」ものです。このため事業者が高品質なサービス提供を行っても、それを付加価値として価格に転嫁しづらい現状にあります。日本全体のサービス産業の底上げをはかるためには、高品質なサービスに対して、それにふさわしい評価が受けられる制度的な枠組みが必要です。

そこで、こうした現状を改善し、サービス品質を「見える化」するための規格認証制度として「おもてなし規格認証」が誕生しました。これまでの日本政府の検討をふまえ、民間規格としての運用を通じて、本制度は日本のサービス産業と地域経済の活性化を推進していきます。(一般社団法人 サービスデザイン推進協議会 ウェブサイト参照)

「IT導入支援事業者」認定

RIコンサルティング株式会社は「IT導入支援事業者」の採択を受けております。

「IT導入支援事業者」とは、補助事業者(中小企業・小規模事業者等)が行う生産性向上に係る計画の策定を支援し、当該事業者の生産性向上に資するITツール(ソフトウエア、サービス等)の提案・導入及びこれに要する各種申請等の手続(補助金交付申請、実績報告及びその他必要に応じて事務局に行う申請業務等)を行う者として、事務局に登録された者をいいます。

中小企業庁委託事業の専門家としても活動

中小企業の経営革新と創業を応援!中小企業庁の委託事業として行われる派遣専門家として弊社は「IT・ウェブマーケティングの専門家」として多くの企業・個人の支援を行っております。

「新しく事業を始めたいけど、何から手をつけていいかわからない」「そろそろ海外との取引も開始したいけど実績がない...」「ITを活用して、販路拡大を実現したい」「IT導入補助金を活用し、ITツールの導入に繋げたい」。そんなときは、ひとりで悩まず専門家に相談してみましょう。専門家派遣では、中小企業の経営に関わる各分野の専門家が課題解決の第一歩に向けたお手伝いをします。

PAGE TOP