新着情報

目的別に使い分ける動画コンテンツの事例

WEBマーケティングではすっかりお馴染みとなった動画コンテンツ。

SNSや自社サイト等、様々な場面で動画を生かしたマーケティングが行われている。今回はWEBマーケティングに動画を活用した事例を紹介する。

若年層に向けた動画マーケティング

ある店舗は時代の変化とともに客足が減り、客層も高齢化していた。

新しいお客さんを呼び込もうと若い層に向けて動画を使ったPRに踏み出した。
動画の内容は従業員総出で店内の明るい雰囲気を伝える内容だ。

製作した動画は20代〜30代をターゲットとしていたのでFacebookをメインに広告打った。

結果、動画は瞬く間に再生され、狙い通り若い層を中心に再生された。
従業員総出で出演したこともあって、見る人に店舗の本気度が伝わり親近感も湧いた。

動画でのPRは内容もそうだがターゲットに合わせた場所で流すことも重要である。
もし仮に10代が多いTwitterをメインに動画を流してもここまでの再生数には至らなかっただろう。

動画コンテンツを企画する際は製作だけでなくその後どこで発信するかまで考える必要がある。

一度離れてしまった顧客への動画コンテンツ

レッスン教室は趣味で楽しんだり、腕を磨いたりするところであるが、1度間があいたり、通うのを諦めてしまうと中々復帰しにくいものだ。

そこでレッスン教室が行ったのが、レッスンの内容を動画にしてWEB上で配信することに。
もちろん動画の内容は実際のレッスン内容ほど充実したものではないが、通えない顧客の興味を惹くには十分だ。

またこの動画は通うのを諦めてしまった顧客だけでなく、通ってみたいと思っていた新規の顧客にも反応があった。

1度離れてしまった顧客や潜在的な顧客に対してアプローチできるコンテンツを確立した。

動画を使ったマーケティングには話題となって広く周知される事が多いが、今回の事例は既存の顧客や潜在的な顧客に対してより踏み込んだアプローチをすること成功した。

商品説明を分かりやすく動画にし、購入の後押しをする。

動画マーケティングの1つに購入を検討している顧客に対して後押しをする役割もある。

特に小売店では店舗にある商品の使い方を分かりやすく動画にまとめ、WEB上で発信することが多い。

こうすることにより、顧客が店舗に行かなくても商品について知ることができる。
また、動画の内容によっては商品やブランドの世界観をより伝えることができ、顧客への購買意欲に影響するだろう。

さらに、小売店以外でも複雑なサービスを提供している会社でもサービスやプランの内容を分かりやすくまとめて配信するのも1つの手だ。

商品の訴求ポイントやターゲットに合わせた内容をうまく動画に組み込むことで商品購入へとつなげた事例である。

この場合、動画製作に大きな予算をかけなくてもできるので製作に対するハードルも低いのが特徴だ。

「目的別に使い分ける動画コンテンツの事例」のまとめ

動画コンテンツは文章や写真よりも多くの情報を伝えることができるコンテンツである。

しかし、動画を使って達成したい目的によって内容や投稿する場所など変わってくるのでしっかり企画しなければ効果は表れないだろう。
動画を使ったコンテンツや事例はたくさんあるので、これから検討している会社はまず競合が配信している動画をチェックすることをお勧めする。

関連記事一覧

PAGE TOP