新着情報

WEBとリアル店舗を連携させたマーケティング

WEBサイトとリアル店舗はそれぞれ独立したマーケティング施策を行う場合が多い。しかし最近ではそれぞれ連携させたマーケティング施策を行い成果を出している企業もある。今回はWEBとリアル店舗を連携させた事例を紹介する。

WEBとリアルを行き来する消費者

最近の消費者の行動にはWEBとリアル店舗を行き来して商品を購入するケースがある。例えば、WEB上で商品やブランドについて知り、興味を持って情報を集める。購入するか検討をした後、WEB上でも購入はできるが実際には近くで販売されている店舗を探しそこで購入するパターンだ。反対にリアル店舗で商品について知り、購入はWEB上で行うパターンもある。

このように消費者は「認知」「情報収拾」「購入」の各段階でWEBとリアルを行き来する消費行動を行なっている。つまり、「認知」から「購入」までの一連の流れをWEBとリアルそれぞれで完結するマーケティング施策だけではうまく成果に繋げられない場合もある。そこで考えたいのがWEBとリアルで商品の説明や次の段階への誘導など一貫性を持って連携させる必要がある。

WEBで解析した刺さるキーワードをリアル店舗に反映させる

ある食品販売サイトでは、ECサイトとリアル店舗を運営しており、それぞれ連携させた施策で成果を出している。最初はECサイトの売上を上げるべく、アクセス解析やキーワード検索を分析しECサイトに訪れる消費者のニーズや特徴を把握した。それらの分析結果を基にコンテンツやPR方法を改善したところECサイトの売上が向上した。

それだけで終わらず、今度はECサイトで成功した施策をリアル店舗に落とし込んだ。例えば、WEB上でよく検索されるキーワードや流入キーワードを店舗内のよく目に止まるレジ横などにPOPとして設置し購入へと繋げた。また、商品の棚割や並べ方も人気キーワードを基に改善している。

リアル店舗でできないサービスをWEBやデジタルツールで補う

今度はリアル店舗からWEBと連携した事例。ある化粧品を販売する店舗では、デジタルツールを駆使してWEBと連携したサービスを顧客に提案し成果をあげている。その店舗はLINEからのリアル店舗への来客が多く、LINEを活用したサービスも充実している。例えば、店舗に来店してもらえるよう限定クーポンを配信したり、店舗に訪れた際にはポイントがLINEアプリ内に貯まるようにしたりなど、何度も訪れたくなるような施策を実施している。

また、接客の際もデジタルツールを使って来店者の情報を集計しているので、告知やクーポン内容の改善に生かしている。リアル店舗だけでは難しい施策も、WEBやデジタルツールを活用することによって相乗効果が生まれ売上にも大きく繋がるだろう。

「WEBとリアル店舗を連携させたマーケティング」のまとめ

WEBとリアルは別々のマーケティング施策を行うより、それぞれが得意とするサービスで顧客に提案することによって成果が出やすくなるだろう。

一度、WEB担当者とリアル店舗の担当者で話し合ってお互いが協力できる施策を考えてみるといいだろう。

関連記事一覧

PAGE TOP