IT導入補助金について

IT導入補助金とは

我が国は、中小企業等が国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、
自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、生産性の向上に資する要素として「ITの利活用」が重要であると考えています。

そのため平成28年度補正予算において、ITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入しようとする事業者に対して、その事業費等の経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者等の経営力向上を図ることを目的とする取り組みを始めました。

それが「IT導入補助金」です。

補助率 2/3以下
補助額

上限100万~下限20万円
募集期間 平成29年6月末まで

※補助事業は100億円の予算がなくなり次第終了となります。

ITツールとは

ITツールとは一体なんなのでしょうか。
それは、ITの利活用し、企業の労働生産性を向上させるソフトウエア、サービス等をいいます。

IT導入支援事業においては、認可を受けたIT導入支援事業者が企業の業種に合わせ、労働生産性を向上するために必要な製品を複数組み合わせることで各企業に最適なITツールを提供し、導入の支援を行います。

そして、導入するITツールは、IT導入支援事業者が、あらかじめ事務局の承認を受け、事務局のHPに補助対象サービスとして公開されたITツール(ソフトウエア、サービス等)でなければ、国からの補助を受けることはできません。

補助金対象ホームページはこちら

ITツール導入の流れ

RIコンサルティング株式会社はIT導入支援事業者の採択を受けております

IT導入補助金へ申請をご希望の方へ

弊社問い合わせフォームよりお問合わせ下さい。

PAGE TOP