新着情報

Googleアナリティクスで電話タップ数や外部リンクのクリック数を計測したい。

Googleアナリティクスで電話タップ数や外部リンクのクリック数を計測したい。

Googleアナリティクスを利用していて、下記の数値を計測したい時ってありませんか?

 

  • 外部へのリンクのクリック数
  • 電話のタップ数
  • 資料(PDF)のダウンロード数

 

Webサイトには様々な目的があると思いますが、フォーム問合せ件数が最終的なゴールとは限りません。Webサイトを見て電話をかけたり、資料をダウンロードしたりすることが目標になることだってあります。

今回はGoogleアナリティクスでこれらのデータを計測する方法と目標設定の仕方を合わせてご説明します。ちなみにこの方法を「イベントトラッキング」といいます。

※こちらの測定方法はユニバーサルアナリティクスの場合です。

 

1.トラッキングコードを設置する

計測したいリンク内に直接書き込む必要があります。

>>通常(変更前)

<a href=”リンク先URL”>リンク先のテキストや画像</a>

>>イベントトラッキング(変更後)

<a href=”リンク先URL” onclick=”ga(‘send’,’event’,’カテゴリ’,’アクション’,’ラベル’,値);”>リンク先のテキストや画像</a>

 

ここで、send・eventについてはそのままで変更してはいけません。

カテゴリ、アクション、ラベル、値については自由に記載することができます。

Googleアナリティクスで実際に計測結果を見てみた時にそれぞれをグループ分けしておくと見やすいので設定しておきましょう。

 

例えば、同じページで「電話タップ数」を計測したいボタンが2つ(上下)ある場合、カテゴリはtel、アクションはclick、ラベルをそれぞれue・shitaといった感じでつけた場合Googleアナリティクス上ではtelの総数で管理することもできますし、上が多いのか下が多いのかも計測することができます。

また、このカテゴリ・アクション・ラベルについてですがGoogleアナリティクス上で計測される際に左側が大きなグループに分けられます。

 

値については、イベント一件に相当する売上額を入れたりします。これを入れておくことでイベントの発生がどれくらい売上に貢献しているのか具体的な数字を見ることができます。

 

これらは管理上で非常に煩雑になりやすい項目ですので規則性を持ってつけるようにしましょう。

※例えば半年前につけたカテゴリ・アクション・ラベルと違ったカテゴリ・アクション・ラベルを付けてしまうと集計がバラバラに成ったり、担当者が違って全く異なるカテゴリ・アクション・ラベルを付けてしまうとその集計結果もバラバラになります。

 

2.目標設定

 

上記のソースコードが設置できたら、それぞれの目標設定を行いましょう。

イベントを目標に設定することでサイトの目的がどのくらい達成できているのか、その結果から今後なにを改善すべきか知る(考える)ことができるようになります。

 

ビュー>目標設定>目標タイプ:イベント>イベント条件入れる>保存

 

イベント条件のカテゴリ、アクション、ラベルはそれぞれでつけたカテゴリ、アクション、ラベルと「等しい」か「先頭が一致」なのか選択もしておきましょう。

 

 

3.計測できているかリアルタイムで確認

 

これはGoogleアナリティクスを利用していれば当然のこと。

必ず計測が上手くできているのかリアルタイムで確認をとっておきましょう。

 

 

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP