新着情報

SNSの特徴を見極め、うまく使い分ける

今ではほとんどの企業がSNSを活用し、自社の顧客とのコミュニケーションツールとして不可欠な存在となっている。
その背景にはスマートフォンの普及もあってSNSの利用者が増えたからだ。

今回はSNSを代表するFacebook、Twitter、Instagramのそれぞれの特徴と活用事例を紹介する。

真面目な投稿が好まれるFacebbok

SNSはどれも20代の利用者が多いが、Facebbokは他のSNSに比べ30代、40代の利用者が多いのが特徴だ。
また、実名制の登録かつリアルでの知り合いと繋がっている人が多いので炎上を避けるために無難な投稿をする人が多い。

また、投稿はせず他のユーザーや企業アカウントから情報収拾を目的として利用する人も多い。
そういったユーザーが利用しているFacebookでは文章量が多い真面目な投稿の方が好まれる。

とあるメーカーは自社の創業からものづくりに関する裏話を丁寧に文章化、定期的に投稿しファンを増やしていった。
また、ユーザーにとって知って得する情報も好まれるので社員だけが知る裏技テクニックなどの投稿も向いているだろう。

Facebookはユーザーに対して真摯に向き合い情報発信したい企業にとって相性の良いSNSと言えよう。

とにかく写真の質がカギとなるInstagram

Instagramは写真投稿をするSNSで、20代女性の利用者が多い。

主に趣味に関する投稿が多く、自分自身のブランディングを目的として利用する人が多い。

他のSNSと違うのが投稿内容にURLを添付してもリンクされないので、サイトへの誘導には向いていない。唯一ハッシュタグが付けられるので、投稿を拡散したい場合はハッシュタグを活用した方がいい。
写真がメインのSNSなので企業のブランドイメージや雰囲気を伝えるのに向いている。ある地域の情報発信サイトでは、各SNSを使い分けておりInstagramでは写真のクオリティに力を入れて反響を出している。

それだけInstagramでは文章よりも写真の見た目が重要になってくる。

スマートフォンで見た場合、タイムラインで表示される面積も他のSNSに比べて大きいので、Instagramでの投稿の際は写真にこだわりたい。

リアルタイムな投稿が反響を呼ぶTwitter

最後にTwitterは140文字の制限の中で今起きていることについて投稿するSNSだ。
他のSNSに比べ10代の利用者が多く、近況をつぶやいたり、自分の興味がある事柄をいち早く情報収拾することを目的に使われている。

投稿が表示される場所はタイムラインと呼ばれ、投稿の流れが早いのが特徴だ。
なので企業アカウントの投稿をTwitterで行う際は、投稿頻度を多くしてもユーザーからは嫌悪されにくい。

Facebookと違い、真面目な投稿よりも軽い投稿の方が受けやすくリアルタイムな情報の方が反応が良い。

よく小売店ではタイムセールの情報やイベントの実況などライブ感のある投稿をすることによって瞬発的な効果を狙っている。

最近では短い動画も投稿できるようになったのでショートムービーを生かした情報発信を活用しても良いかもしれない。

「SNSの特徴を見極め、うまく使い分ける」のまとめ

既に各SNSを始めている企業も多いと思うがこれを機に、それぞれのSNSでの投稿のあり方やスタンスを見直してみてはどうだろうか?

SNSが変わればユーザーの特性も変わり、それに合わせた投稿をしないと却って逆効果になりユーザーが離れてしまう。

またSNSの使い分けが難しい場合は無理して全てのSNSを使わず、相性の良いSNSだけを運営するのも1つの手だ。

関連記事一覧

PAGE TOP