新着情報

自社サイトを“コスト”で終わらせないために 登壇報告

先日、Web解析セミナーで登壇させていただきました。

沢山のアンケートも拝見して、より多くの方の実務に役立つお話をしていきたいなと感じました♪
機会を与えてくださり本当にありがとうございました。

<2016/11/18 アクセス解析セミナー in 大阪(日刊工業新聞大阪支社)>

自社サイトを“コスト”で終わらせないために
~より効果的なWeb戦略策定のために~

「ヒアリングを意識するだけで、ここまで変わるウェブ解析」

<一部ご紹介>登壇内容

ヒアリングする、インタビュー、面談、質問など色々な表現があるが、「ヒアリングすること」とは、会話の中で正しいヒアリングをすることによって「相手の考えを引き出すこと」である。

どのような質問を投げかければ、「ウェブの売上が上がらない(事業の成果につながっていない)原因を理解できるのか?」を考えながら実践するということになる。

そんな事わかっている!なぜそんなアタリマエのことを言うのだ…と思われるかもしれない。

ただ、自分が知らないで相手が知っていそうなことや相手が言いたいこと、思っていることを聞きたい場合の質問なら誰でもできるだろう。
しかし、「問題を解決する為のヒアリング」となれば、ヒアリングする側も、答える側も回答を持っていない。「ウェブの問題点はどこにありますか?」といきなり担当者に聞いてみても、答えてくれる人はまずいない。

ヒアリングによって、対話をコントロールしながら知りたいことに関する情報を漏れなく集めていく必要がある。しかし意外と難しいヒアリング、その理由が3つあります…

セミナーの様子

関連記事一覧

PAGE TOP